ゆうえんのこだわり

 中国には「不老長生」「薬食一如」などの言葉があり、中国人は食はすなわち病気の予防であり治療であり、ひいては不老長寿の源であると考えています。
美味しく楽しく食べて且つ健康を保つ・・ゆうえんはそんな中華料理のバランスの取れた栄養食をコーディネートして、皆様方に理想的な食生活を提案します。

ゆうえんの自家製麺

小麦粉は中華麺に最も適した国内最高の準強力粉を使用し、麺の黄色はクチナシを使用しています。玉子は一切使用していないため、玉子アレルギーの方も安心して召し上がれます。
かん水は国内産を使用しております。 麺の形状は細ちぢれ多加水麺です。細ちぢれの為当店のスープとの絡みが良く、ツルッとしていてコシがあり、麺の歯触りと喉越しも良いので、今まで以上に当店の麺類を美味しく召し上がる事が出来るようになりました。 是非ご賞味ください。

ゆうえんの自家製麺

餃子が3割美味しくなりました

今までの餃子より3割美味しくなりました。今までの皮は厚さを1.2㎜以下に出来ませんでしたが、新機種の導入により餃子の皮を0.8㎜まで薄くする事が出来るようになりました。今までと食感が全く違います。
皮は国内最高の準強力粉と中力粉・薄力粉をブレンドし、ラード・食塩を練りこみ、0.8㎜まで薄く仕上げました。
具は荒挽き肉とキャベツ・白菜・玉葱・ニラを11種類の調味料と共に絶妙のバランスで配合し、軽い味に仕上げてあります。特に、10月~6月までは、NHKのあさイチで取り上げられたように、玉葱の代わりに「矢切ネギ」を使用しています。また、5月~7月の間は、矢切の近藤さんの畑で取れる、朝取りキャベツを使用しています。
パリッと香ばしい皮と栄養バランスの良い具で、味は軽く何個でも食べられます。この餃子が189円では絶対に他所では食べられません。
ゆうえんが自信を持ってお勧めできる餃子です。是非ご賞味ください。

餃子が3割美味しくなりました

ゆうえんのスープ

スープは豚骨と鶏骨(胴ガラ)をベースに16種類の吟味された素材を使用し、独特の製法により、しつこくなくアッサリした味を創り出しました。滋養強壮に効果のある栄養価の高いスープです。

お米は縄文時代から食べられている日本人の主食

お米は埼玉県吉川市の立原農産で作られたコシヒカリを使用しています。40年以上に渡って立原農産栽培の米を使用しています。
我々日本人が主食として食べるお米だから、安全・安心でより良いものを!!
チャーハンのお米一粒一粒同じ味??
チャーハン用のお米は、通常のご飯(立原農産のコシヒカリ)とは別で、”つがるロマン”と言うお米を使用しています。このお米はコシヒカリと違って粘り気が少なく、炒めるのに適しています。
独自の炊飯方法により、一粒一粒同じ味になっており、食感はパラパラしているのにシットリとしています。
玉子・葱薬味・ハムを具材にアッサリ軽く仕上げております。是非、ゆうえんのあっさりチャーハンをお召し上がり下さい!!

味噌らーめん

味噌らーめんの味噌は、当社オリジナルブレンドです。荒引き肉、にんにく、生姜、ネギ等を炒め、調味料を加えてジックリ炊き上げ、そこへ信州の白味噌と愛知の八丁味噌を加え熟成させた味噌を使っています。
このオリジナル味噌を使った味噌らーめんは、コクがあって深みのある味わい。それでいてしつこくなく、マッタリとしたやみつきになる味です。

自家製ラー油

当店のラー油は、各店舗で作られる自家製です。胡麻油と大豆白絞油をブレンドして一味・七味・ネギ・生姜を加えて作った自家製です。

野菜は総て国産の野菜を使用

野菜は総て国産の野菜を使っています。特に中国野菜は、柏の西川ファーム産の中国野菜を常時使用しています。季節によって種類が異なるのはその為です。また、5月~7月の3ヶ月間は、地元矢切の近藤さんの朝取りキャベツを使用しています。10月~6月の9ヶ月間は、ネギは総て矢切ネギを使用しています。特にその期間の餃子には、NHKのあさイチで取り上げられたように、「矢切ネギ餃子」として販売しています。

総て鉄鍋で調理

総ての調理に鉄鍋を使用しています。鉄鍋で調理することで、貧血予防や鉄分補給に効果があると言われています。

総て鉄鍋で調理
閉じる