経営理念

経営理念

  • 1)一人でも多くのお客様に、少しでも良い商品を、少しでも良いサービスで、少しでも安く提供する。
  • 2)中華料理を通じて、広く地域社会に貢献し、人々の食文化に豊かさを提供する。
  • 3)我社に関わる総ての人々の生活の安定と向上に努める。

基本方針

株式会社マツオーの経営理念を実現させるための基本方針が、次にあげる四項目です。

(1)Quality(クオリティー)

安くて、美味しく、いつも一定品質の料理を提供する事。
良い原料で美味しい料理を、いつも一定品質で、一定した味で、お客様に提供するためには、あなたの協力なしでは不可能です。
そのためにも、原材料や調理道具、什器備品は正しく丁寧に扱い、料理は基本通りに出来ているかをチェックし、しかも素早く提供して下さい。
基準に達していない料理をお客様にお出ししてはいけません。
一定品質のおいしい料理をお客様に提供するためには、心を込めて、優しく、注意深く料理し、取り扱う事です。

(2)Service(サービス)

お客様に対して、礼儀正しく、親切である事。
我々にとってお客様は最も大切な人です。歓迎の挨拶から、お礼と再来の挨拶まで、自分の家にお客様が来たつもりで接して下さい。
礼儀正しく、親切な事は、基本さえ覚えれば簡単な事です。自分がお客様ならこうして欲しいと言う方法で対応すれば良いのです。

(3)Clranliness(クリンリネス)

清潔で、ピカピカに磨き上げられたお店である事。
いくら美味しいものを良いデービスで提供しても、お店が汚れていては総てが台無しになってしまうものです。一人一人が清潔、整理整頓を心掛ける事が大切です。
店舗の内も外も、ゴミやホコリ、汚れが無い様にしておかねばなりません。

(4)Value(ヴァリュー)

お客様さまにとって価値あるものである事。
料理、サービス、掃除等が、総ての仕事がうわべだけの見せかけの仕事であってはなりません。総てのお客さまにとって価値ある物でなければならないのです。
あなたがお店に一歩足を踏み入れたなら、お客様の為に仕事をする と言う事が大切です。

行動理念

経営理念や四項目の基本方針を、実際の行動に結びつける行動基準を示します。

株式会社マツオーの目的

中華料理を通じて一人でも多くのお客様に満足と感動を与えること。

株式会社マツオーの目標

社会貢献性の高い企業に成ること。

優先順位

一番目はお客様、二番目は一緒に働く仲間、三番目が自分。

店舗での仕事の原則

調理場では基準通りの作業。決められたことを決められた通り行う。もし決まっていない事が有れば検証して決める。
ホールではホスピタリティーある接客。決して作業をするのではない。ホールの作業はお客様に満足してもらうための手段である。

7つの行動基準

言行はこれに照らしてから

  1. 真実かどうか
  2. 優先順位を考えているか
  3. みんなに公平か
  4. みんなの為になるかどうか
  5. 人に対して気遣いが有るか
  6. 創意工夫をしているか
  7. 自己育成をしているか
禁忌

できない  仕方がない  面倒くさい

価値観の共有

さあ、あなたも我社の一員として、経営理念・基本方針・行動理念を共有し、お客様に価値のある物を提供し、あなたにとっても価値ある仕事、価値ある職場を全従業員の協力で作って下さい。

閉じる